スポンサーサイト

Posted by formarchjp on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災による建物の傾斜の補修

Posted by formarchjp on 28.2011 リフォーム・リノベーション 0 comments 0 trackback
今回の震災による液状化で傾いた建物を直す仕事を依頼されました。

液状化は、地震の際に地下水位の高い砂地盤が、振動により液体状になる現象です。
これにより建物が埋もれ、倒れたり、地中の比重の軽い下水管等が浮き上がったりします。

これが傾斜や地盤の状況により直し方が違うので難しいのですね。

工事としては、グラウト注入工法、硬質発泡ウレタン注入工法、耐圧板工法など
がありますが経費や費用を安く抑え、かつ短期間でできる製法を考えています。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。