FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by formarchjp on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液状化による改修・復旧工事の打ち合わせ

Posted by formarchjp on 06.2011 リフォーム・リノベーション 0 comments 0 trackback
今回の東日本大震災での液状化による住宅の傾きの相談も受けています。

埼玉県久喜市の南栗橋のほうでは液状化が深刻なようです。千葉県市川市や
我孫子市でもありました。今回の場合ですが、港湾地域の埋め立て地ばかり
でなく、旧河川跡や池跡や水田跡などでも発生していました。

住宅の場合、傾いていますと生活に影響がでますので早急に傾きを直すことが
必要です。あとは外構の改修工事でしょうか。ただ予算との兼ね合いもあります
のでできる範囲で納得のできる工事ができればと思い打ち合わせをしています。

地震保険に入っている場合は保険のほうで認定を受ければ保険金で改修するこ
とができます。ただ全壊となる例は少なく、半壊や一部損となる場合が多いです。
判定は傾きによって異なります。

やっかいなのは、緩くなっている地盤です。本当ならば地盤改良工事をするのが
一番ですがそこまで費用を出せるところは少ないのでできる範囲で改修・補修と
いうことになりそうです。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://form620.blog74.fc2.com/tb.php/51-75a1a242
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。